ブログトップ

夕月夜

genjiup001.exblog.jp

古典和歌や自作和歌の披露及びに研究

本日は私の和歌でおくつろぎくださいませ…

吹きしをる四方の末葉の露見えて秋風さむき折りの白菊

君をこそ眺め馴れしか墨染めの深き涙を月は知るまじ

花もをし花も恨めしつかのまの世を思ふゆゑに思ひこみあぐる

面影をながむ憂き世の夜半の月今日の別れに流す言の葉

玉ゆらの夜露をかこつ藤衣亡き人戀ふる秋のかたみに

荻の花無二の道邊に色を添へあかずながむる行く末の空

漕ぎ出でむ夜離れ重ねしたまゆらの吹く風ごとに別れ惜しみて

夕月に宿る涙をよそに見て筑紫の琴をかき鳴らすのみ

惜しまじな君が思ひのためならば身はうたかたの濡れし言の葉

徒らにいひて別れし有り明けの月待ちぬれど渡る海風


う~む、哀しい歌が多すぎて、全然くつろげないではないかぇ~
(^o^;
[PR]
by genji-universe001 | 2010-09-13 19:47