ブログトップ

夕月夜

genjiup001.exblog.jp

古典和歌や自作和歌の披露及びに研究

雲の上も…

雲の上も涙にくるる秋の月いかですむらむ浅茅生の宿

【訳】
雲の上の宮中でも涙に曇って見えぬ月はどうして澄んで見えよう、まして下界の茅(ちがや)の生えている
荒れた亡き桐壷更衣の実家では。
また、母君はどのようにして暮らしているだろうか、娘をしのんで私以上にさびしい日々を送っているだろう。

『源氏物語』桐壷の帖に記された有名な歌。
「すむ」は「住む」と「澄む」の掛詞。
[PR]
by genji-universe001 | 2012-11-06 16:51